運営日誌

大成功の人生初のプレスリリース🌟書くときに注意したこと⚠

日本財団の創業支援プログラムに受かった、ということで、PR Timesさんが約6回分のプレスリリースを無料で提供してくれました。

最初は、まだまだプロダクトもできていないのに、プレスリリースなんて打てないよ、どうしよう…と思っていたのですが。

締切の時間が差し迫る中、必死に打った人生初のプレスリリースはなんと、6社に掲載していただきました。

こんなにうまく行っていいものか?と、驚きました。

有り難すぎる、当事業について転載してくれた優しいサイトをここでご紹介します

本当にありがとうございます!大変励みになります。

折角なのでここで今回のプレスリリースで意識したことをメモ代わりに書きます。

「YouTubeについて話すな!」

これがプレスリリースを出す直前のZOOMミーティングで言われたことです。

これが実際のミーティングの様子。

まだまだ事業は始まったばかりで、仕事が安定するようになるまでのつなぎとして、また朗読作品を扱うYouTubeチャンネルで強い所がなかったので、これを狙っていきたい…ということで、現在わたし達はYouTubeチャンネルの制作に力を入れていたので、もちろんプレスリリースにもそれを書くつもりでいたのですが…。

ImpactechのCEO、Yoavとのミーティングで開口一番に言われたのが、YouTubeについて話すんじゃない!(語気強め)ということ。

「今は小学生だって自身のYouTubeチャンネルを持っている時代だ。
そこで、自分等の事業は何をやっている?と聞かれて、開口一番YouTubeやってますなんて言われたら、せっかくの素晴らしいビジネスプランを聞く前にみんな興味を失ってしまうよ、YouTubeというのは大きな目的を達成するための手段のひとつでしかない。その「手段」をクローズアップして伝える必要はない!」

「自分の目指すゴールだけに集中して、それを伝えることを心がけるんだ!」

と、アドバイス頂きました。

この後、急いで大幅にプレスリリースを書き直したのは言うまでもありません。

プレスリリース提出の前に方向性を大きく変えるアドバイスを頂けたのは本当にラッキーでした。

他にもこんなことも言われました。

「3姉妹ってことを押し出せ!」

こちらは日本財団にご紹介頂いたメンターの方に言われたことです。

別に姉妹でやってることに特にひっかかりはなかったのですが、メディアはいつだってネタを探してるんだから、少しでも気になって貰いやすいように、フックになりそうなことはできるだけ利用していった方がいい!
もし、自分たちがイヤじゃなければね?

と、なんとも具体的かつ実践的なアドバイスを頂きました。
実務家のアドバイスはさすがです。

そして出来上がったプレスリリースがこちら。

記念に貼っておこうと思います。
また素敵な経験が一つ増えました、皆さん有難うございます。

参照元:PR TIMES