運営日誌

日本財団の創業支援プログラムに選出されました!良いプロダクトにすべく、勉強してます✐

こんにちは。
いろいろな人にアドバイスを頂き、つまづき、自分の不甲斐なさに挫けそうになりながらも、奇跡的に95組のスタートアップの中から選出された、みみよみ事業ですが、素晴らしい仲間たちに囲まれながら何とか頑張ってます。

実際のプログラムでは、顧客のニーズを知るためにチームで話し合ったり、みんなの前で発表したり…

発表してるのがプロジェクトマネージャーのチェンです!

マーケティングのプロに直々にアドバイスを頂いたり、貴重な経験を積ませていただいております。

昔から学校嫌いだった私が、まさか30過ぎてからこんなに勉強するなんて学生のときには夢にも思わず…

教えて頂けるのは本当に有り難いですね。

この日学んだことは?

この日学んだのは、「顧客の目線になって考えろ!」ってことでした。

分かってるつもりでいたのに、実際にホワイトボードに書けって言われると難しかったです。

で、帰りに、視覚障害者がナレーターっていうのは、勝手にこっちがこだわってるだけで、ユーザーには関係のないこと。

ユーザーにとって「良いナレーション事務所」というのは、シンプルに「早くて」、「上手くて」、「安い」、そして「料金が明瞭」ってことじゃないかな?

自分たちがやりたい(=視覚障害者の力になりたい)という思いばかりが先行してしまって、いちばん大切なユーザーの気持ちを置き去りにしてしまっていないか!?

と、改めて考え直させられました。